デッサンは、イーゼルを使って描こう

 鉛筆デッサンを描く場合でも、イーゼルを使った方が便利です。

 イーゼルというのは、画板を立てかけて使います。

 もしかしたら、美術室や展覧会などで見たことがあるかもしれません。

 デッサンの他に、野外でスケッチをする時などにも使います。

 基本的に、デッサンは、鉛筆と画用紙、あと、ねりゴムでしょうか、これぐらいがあれば、一応、できます。

 しかし、測り棒やイーゼルは、あった方が便利ですし、うまく使うことで、間違いなく、デッサン技術は上達します。

 なぜ、デッサンをする時に、イーゼルがあった方がいいかというと、画板を、立てておけるからです。

 例えば、画板やスケッチブックを手に持ってデッサンをする場合、持ちやすいように、地面と水平になると思います。

 そうすると、視線の移動を頻繁に行わないといけません。

 目の前のモチーフを見て、画用紙に目を落とし、デッサンを描きます。

 次に、再び、モチーフを見るために目を上げて、次に、また、画用紙に目を落とす……

 これを繰り返していると、やはり、疲れてきますし、じっくりと、モチーフを観察することができません。

 一方、イーゼルを使うと、画板を、地面と、ほぼ垂直に置くことができます。

 そのため、モチーフと自分のデッサンを、視界の中に、一度に、同時におさめることができます。

 したがって、モチーフとデッサンを、常に見比べ、よりよいデッサンにすることができます。

 また、自分で画板を持たなくていいため、描いたデッサンを、離れて見ることができます。

 当たり前ですが、デッサンを実際に描いている時は、自分の手の届く範囲でしか、画板との距離をとれません。

 しかし、いったん、離れると、全体像を見ることができるため、自分のデッサンを客観的に見ることができます。

 デッサンをはじめた頃は、常に修正し、やり直すことが多いと思います。

 そのためには、自分のデッサンのどこがおかしいのか、知る必要があります。

 それには、客観的に見ることができる距離をとる必要があります。

 その時、非常に役立つのが、画板を立てかけておけるイーゼルなのです。

 しかし、なかなかイーゼルという道具は、馴染みがないかもしれません。

 美術室やデッサン教室でデッサンをする時は使っていても、自宅でデッサンをする時に、イーゼルを使う人は、少ないでしょう。

 そういう時にも、イーゼルを使うと、とても便利です。

 デッサンがサクサク進みますし、長時間続けていても、それほど疲れません。

 でも、イーゼルは大きいし、なかなか個人で買うのは、難しいのでは、と思っている方も多いでしょう。

 私の場合、野外スケッチ用の、木製の折り畳み式のイーゼルを使っていました。

 コンパクトに収納できるため、保管場所にも困りません。

 また、価格も安いため、お薦めです。

 以前は、イーゼルといえば、美術用品専門店などでしか販売していませんでしたが、最近では、ネット通販があります。

 便利になりました。

 デッサンを、もっと本格的に勉強したい、もっと上達したいと思っている方には、ぜひ、自分専用のイーゼルを買って、使ってみてはいかがでしょうか。