デッサンは、基礎の考え方を学んでから、手を動かそう

 先日からご紹介しているデッサンのレポートが、『デザインのためのデッサン講座(考え方・初級編』です。

⇒詳しくは、こちら。

 このレポートの第2部が、「デッサンをおこなう前の考え方」です。

 デッサンを上達したいからといって、すぐに手を動かし、描き始めるのは、あまり感心しません。

 ただ闇雲に手を動かしていても、なかなかデッサンは、上達しないでしょう。

 とにかく、どんどんと描いていれば、デッサンはうまくなる、というほど、甘いものではありません。

 デッサンも、最初は、ある程度の知識が必要です。

 「どのように描けばいいのか?」とか、鉛筆デッサンであれば、「どのように鉛筆を使いこなせばいいのか?」といったことを、事前に知っておく必要があります。

 正直、このような基本的な事柄は、おそらく、どのデッサン技法書にも掲載されていると思います。

 しかし、多くの人は、そこを読まずに、参考のためにと掲載された見本作品を見て、このように描けばいいのか、と思ってしまいます。

 そして、実際に手を動かして、デッサンを描こうとするのですが、やはり、うまくいきません。

 どうも、デッサンは、とにかく描いていれば、いつかはうまくなる、と勘違いしている人が多いようです。

 まずは、自分が参考にしているデッサン技法書や教科書の説明文を、よく読んで欲しいのです。

 そうすると、どのような考え方を持ち、どのようなポイントに注意して、デッサンを描けばいいのか、ということがわかってきます。

 しかし、それを理解するには、多くのデッサン技法書の説明は少ないと、私は感じてきました。

 正直、私も、デッサンの教科書の説明文を読んで、デッサンを描こうとしました。

 しかし、なかなか思うようには、描くことができません。

 私の場合、デッサンの本の情報よりも、デッサンの先生や先輩、そして、同級生から教えてもらう内容が、とても役に立ちました。

 私がつまずいていたのは、デッサンの考え方の初歩の初歩だったんですね。

 いわば、デッサンを描く人にとっては当たり前のことだったので、デッサンの技法書では、わざわざ、詳しくは書いていなかったのかもしれません。

 しかし、初歩は、大事です。

 そこをしっかり押さえておかないと、応用テクニックが使えないし、ましてや、本格的なデッサン技法などは、身につくはずがありません。

 だからこそ、デッサンの初歩的な考え方が大事であり、そこから基礎的な描き方へとつながっていくのです。

 今回のレポートの第2部「デッサンをおこなう前の考え方」では、その基礎的な部分の考え方を、わかりやすく、まとめてみました。

 具体的には、デッサンにおける線や影の使い方、また、デッサンの重要な4つの要素などについて、説明しています。

 これらは、いわば、デッサンを始める前の基礎の基礎です。

 最低限、これらのことを理解して、実際に手を動かすと、ずいぶんと違うと思います。

 とにかく、絵がうまくなりたくて、デッサンをはじめたけど、なかなかうまくならない、と悩んでいる方がいましたら、参考になると思います。

⇒『デザインのためのデッサン講座(考え方・初級編』は、こちら。