編集デザインと広告デザインの違いについて

 私の広告デザインとの関係を振り返ってみて、反省することの一つは、広告デザインの特長を、最初、理解できていなかったことだと思います。

 広告デザインも、広い意味で考えれば、グラフィック・デザインの一つです。

 そのため、他のグラフィック・デザインの分野の思考法や、方法論で考えてしまいがちです。

 例えば、基礎デザインや編集デザインの手法を使って、広告デザインに取り組みがちなんですね。

 確かに、広告デザインも、グラフィック・デザインの一つなので、そのアプローチ方法も、間違いではありません。

 しかし、それだけでは不十分である、ということが、何年か、広告デザインを作っていて、感じました。

 例えば、編集デザインだと、いかに読みやすくレイアウトして、見た人に、美しいと思ってもらえるか、というのが、一つのゴールだと思います。

 この考え方は、広告デザインを作る際でも、必要です。

 広告を見た人に、いかに良い印象を持ってもらうか。

 それが、広告を作るデザイナーの一つの目標であり、ゴールでもあると思います。

 しかし、広告の場合は、それだけでは、不十分なのです。

 何と言っても、広告は、そこで宣伝する商品やサービスを購入してもらわらければなりません。

 つまり、いくら美しい広告を作っても、それが、売り上げに結びつかない場合は、広告としては、成功とは言えないのではないか、と私は思います。

 確かに、大企業などが、大々的に宣伝し、商品やサービスの周知が目的、という広告もあります。

 また、企業のブランドイメージを高めるための広告戦略、というものもあります。

 しかし、それは、広告の中でも、ごくごく限られたものです。

 私が制作してきた広告は、結果を求められるものであり、そのため、広告主さんは、お金を払って、広告制作を依頼してきました。

 そのため、私は、結果の出る広告デザインの重要性というものを、常に感じてきました。

 ただ、私の記憶を振り返って考えてみても、そういった広告の重要性や機能について、広告制作を始めるまでは、あまり気が付くことはなかったと思います。

 やはり、美しい広告の方が、大規模に行われるので、多くの人の目につきやすいのです。

 そのため、良い広告=美しい広告というイメージが、できるのではないでしょうか。

 もう一度、確認のために書きますが、私は、何も、美しい広告やイメージ広告と言われるものを、否定するわけではありません。

 それも、りっぱな広告ですし、必要だと思います。

 しかし、広告は、それだけではなく、他にも素晴らしい広告はいくつもありますし、判断する基準も、いくつもある、ということです。

 なぜ、こういう事を言うかというと、最初に述べましたとおり、私が、若い頃、良い広告=美しい広告、というふうに、思い違いをしていたからです。

 そのため、広告の効果や売り上げ、というものを、軽視していたんですね。

 その結果として、たいへんな苦労をすることになりました。

 そういった経験を、他の方には、少しでも減らしてほしい、と思っているため、今回、私の体験をとおして、書いてみました。

 結局、広告について、自分で勉強し直すことで、広告デザインについての見方が変わり、肯定的な考えを持つことができました。

 広告デザインについて、悩んだり、行き詰まったりしている方は、ぜひ、広告について、より学んでほしいと思います。

 そうすることで、広告の役割や重要性が見えてくることでしょう。

 広告デザインの場合、デザインの役割は、最低限、クリアするものであり、デザイン要素だけで、成立するものではありません。

 それに気付くと、新しい世界が見えてくると思います。