広告デザインとコピーライティング

グラフィック・デザイナーが、広告デザインをおこなっていると、ついつい、見た目、つまり、ビジュアルだけに、こだわりがちです。


確かに、ビジュアルを担当するのが、デザイナーの役割ですから、それも、間違った行為ではありません。

しかし、広告を作る一人として、やはり、ビジュアルだけでなく、広告全体を理解しておいた方が、良いデザインが生まれます。


広告を理解するには、やはり、マーケティングやコピーライティングに対する知識や理解が必要です。

確かに、そういったものは、それぞれの専門家にまかせておけばいい、という意見もあります。

でも、私は、グラフィック・デザイナーも、そういったことについて、理解しておいた方がいいと思うのです。


もちろん、自分の専門領域であるグラフィック・デザインについての知識や技術があるのは、当たり前です。

しかし、そういったものは、他のデザイナーももちろん、身につけています。

したがって、他のデザイナーと差をつけるというか、違いを出すためには、マーケティングやコピーライティングに対する知識を身につける、という方法が有効です。


多くのデザイナーは、自分の専門領域の勉強や技術を磨くために一生懸命で、なかなかそういった広い視野、というものを持つことができません。

確かに、少し昔のデザイナーなら、職人気質といいますか、専門の知識や技術を深めるだけでよかったかもしれません。

そういった専門分野を極めるだけでも、かなりたいへんなことですから。


しかし、現代のように、情報が大量に流通し、専門技術も、デジタルへと移行しています。

そうした時代にあって、デザインの専門知識だけを追い求めて、そこで差をつける、ということは、かなり困難になっています。

そうであるならば、デザインの知識だけでなく、マーケティングやコピーライティングの知識や技術を身につけるという手段も、有効ではないでしょうか。

情報化社会とデジタル時代にあっては、自分の領域を守るのは難しくても、他の領域を攻めやすくなっています。


私がお薦めするのは、コピーライティングです。

なぜなら、広告は、やはり言葉から成り立っているからです。

コンセプトにしろ、広告戦略にしろ、言葉によって、まず明確にされます。


それをビジュアルであったり、ヘッドコピーであったりという、表現、つまり手段によって、受け手へ届けるわけです。

広告のコンセプトを言葉で表現するのが、コピーライティングであり、ビジュアルで表現するのが、グラフィック・デザインといってもいいでしょう。


このように広告の基礎となるのが、コピーライティングです。

ぜひ、広告を作成するグラフィック・デザイナーの方にも、コピーライティングに関心を持っていただきたいと思います。

最初は、ちょっと難しく感じるかもしれませんが、実際に学びはじめると、おもしろい分野で

す。
また、コピーライティングを理解すると、効果のある広告、結果につながる広告というものを作ることができます。

単純に、見た目がきれい、美しい、というだけの広告とは、また違った次元の広告へと進化することができるのです。