モダン・デザインについて、改めて学ぼうと思います

 雑誌や本などをレイアウトする編集デザインにおいて、大切な視点の一つが、モダン・デザインだと思います。

 これは、何も、グラフィック・デザインや編集デザインに限ったことではないかもしれません。

 むしろプロダクト・デザインやインテリア・デザイン、そして、建築などの分野の方が、モダン・デザインの重要性は高いでしょう。

 逆に、グラフィック・デザインにおいては、アートや感性などが重視されています。

 そのため、理論的なモダン・デザインは、どちらかというと、注目度は低いかもしれません。

 正直、私も、最初は、芸術的なアプローチや感性を磨くことが大切だ、というか、かっこいい、という印象を持っていました。

 しかし、デザインを学び、仕事をしていくにつれ、それだけでは難しいと、痛切に思うようになりました。

 やはり、グラフィック・デザインにおいても、客観的で、理論的なアプローチが必要だ、と思えるようになったのです。

 その解決手段の一つが、モダン・デザインになります。

 しかし、それに気づいた時は、少々、遅すぎたというか、年を取っていました。

 つくづく、学生時代の若い時に、しっかりと、モダン・デザインについて、学んでおけばよかったと反省しています。

 これは別に、時代のせいにするわけではないのですが、やはり、デザインを学んでいた時の時代背景というのが、影響していると思います。

 こういった話をすると、年齢がバレそうなのですが、私がデザインを学んでいた当時は、もう、モダン・デザインは、少し古いんじゃないか、という空気が強かったのです。

 その後の、いわゆるポスト・モダンがあり、それすらも、流行遅れ、という感じで、何と言うんでしょうか、方向性の定まらない、混沌とした時代でした。

 そこから、あっという間に、電子化、デジタル化が進み、デザイン手法ということよりも、もっぱら、ハードの技術的な変化についていくのが精いっぱい、という感じでした。

 今でも、モダン・デザイン=19世紀後半から20世紀前半、という印象はあります。

 しかし、今の私は、モダン・デザインの重要性を、ひしひしと感じています。

 そのため、もう一度、モダン・デザインについて、学んでみようと思っています。

 それが、編集デザインや、Webデザインにつながると思いますし、案外、21世紀のデザインや、これから未来のデザインについても、見えてくるものがあると思っています。

 モダン・デザインについて、学んだことは、どんどん、お伝えして、共有していくつもりです。