「大きな広告」と「小さな広告」

広告デザインを上達するには、広告について、深く学ぶ必要があります。


デザインを勉強し、デザイナーとして、広告デザインにたずさわる人は、デザインに対しては、詳しいのですが、広告に対しては、それほど詳しくない人が多いと思います。


そのため、本や雑誌などの編集デザインと同じようなスタンスで、広告をデザインしてしまったりします。

もちろん、人に見てもらうためのものですから、編集デザインも、広告デザインも、共通するものはあります。

しかし、広告デザインの特長を知り、その役割を十分に理解しておいた方が、より良い広告デザインができます。

「効果的な」デザインができる、と、言ってもいいでしょう。


そのために、デザイナーも、広告について、学びましょう、ということです。

また、これからデザインを学ぼうとする人や、今、まさにデザインを学んでいる人にとっては、事前に、広告について知っておいた方が、デザイン技術の習得も、早くなります。

まず、基本的なことなのですが、広告にも、いくつかの種類があります。

一口に、広告と言っても、その目的や役割は、さまざまなんですね。


一つの分け方として、「大きな広告」と「小さな広告」、という分け方があります。

これはなにも、屋外ポスターのような大きな広告と、新聞に掲載されているような小さな枠組み広告のことではありません。


ここで言っている「大きな広告」というのは、大多数の人に向けている広告のことです。

テレビや全国規模の新聞に掲載している広告のことですね。

マスメディア広告とも言います。


一方、「小さな広告」とは、地域を限定したり、対象を絞り込んだ広告のことです。

地域の商店や、比較的、小さな企業が、低予算で広告をおこなうような感じです。


広告と聞くと、どうしても、全国規模で、大きな予算をかけて、派手におこなっているものをイメージしがちです。

確かに、そちらの方が、接する機会が多いからでしょう。


しかし、実際に、広告を作る立場になってみると、小規模でおこなう広告も、ずいぶんとあることに気付かされます。

例えば、新聞の折り込み広告なども、地域の商店やスーパーのものが、多いと思います。


もちろん、大手の広告代理店などと仕事をし、有名なデザイン事務所などで働けば、マスメディア広告の仕事もあるでしょう。

しかし、その一方、小さな広告をデザインするデザイナーも、多いと思います。


私は、ぜひ、このような小さな広告から、広告について学んでほしいと思います。

なぜなら、地域やお客さんが限定されているので、非常に、広告としての役割や機能が、わかりやすいからです。

そのため、広告について学ぶには、最適だと思うのです。


確かに、予算や影響力は、大きな広告に対して低いですが、基本はしっかりと学ぶことができますし、そこから、大きな広告制作へとつなげることもできます。


ぜひ、大規模な広告だけでなく、「小さな広告」にも、目を向けてください。

【無料レポート】

現在、デザインを学ぶために役立つ無料レポートを、ご提供中です。

ぜひ、ご覧ください。

⇒ 【無料レポート】『グラフィック・デザインをマスターするための重要な3分野』