広告を改善するための、デザイン以外の視点

グラフィック・デザインにおいて、現在、その主な活躍の場は、広告デザインです。

そのため、グラフィック・デザインをするなら、やはり、ある程度、広告に対する知識が必要です。


グラフィック・デザインを専門とする人間が、広告デザインにたずさわると、やはり、どうしても、そのビジュアルに、こだわってしまいます。

もちろん、それも当然で、そのビジュアルこそが、デザイナーの担当と言ってもいいでしょう。


しかし、これは、私も経験したから言えるのですが、ビジュアルだけで、広告デザインを良くしようと思うと、なかなか、うまくいきません。

どんなにきれいで、目を引き、素晴らしいものになっても、それが、広告として、良いものかどうかというのは、決まらないのです。


私も、いくつも広告デザインを作ってきました。

そして、自分でも満足がいき、営業さんやクライアントさんも了承してくれたのに、広告の反応がイマイチだった、という経験が、何回もあります。

そうなると、せっかくの広告費が無駄になってしまいます。

ただ、大手のクライアントだと、それでも、まだ余裕があります。

しかし、小さな会社や個人事業者の方からいただいた仕事となると、さすがに影響は大きく、最悪、その後の広告の仕事がなくなる、ということにもなりかねません。。


そういうことが、何度か続いたので、さすがに私も、なぜだろうと思い、広告について、勉強するようになりました。

そんな中、ベテランのグラフィック・デザイナーの方から教えていただいたのが、コピーライティングの重要性でした。


コピーライティングというのは、簡単に言ってしまうと、広告文のことです。

そのコピーライティングの出来によって、広告の効果、というのは、大きく変わってきます。

いかに見た目がきれいでも、それは、お客様の関心は引き付けるものの、その次の購入するという行動までつなげることは、できません。

お客様の心を動かし、行動させる大きな原動力となるのは、やはり、言葉であり、コピーライティングなのです。


また、なんといっても、コピーライティングは、広告のコンセプトと大きくかかわってきます。

そのため、広告において、コピーライティングは、なくてはならないものなのです。


もし、今、広告デザインをしているけれども、反応や効果が今一つだ、という悩みを抱えている方は、ぜひ、コピーライティングについても、考えてみてはいかがでしょうか。

きっと、デザイン以外の解決のヒントが見つかると思います。