『読みたいことを、書けばいい。』の紹介と感想

 実は、今、おもしろい本を読んでいるので、今回は、その本について、ご紹介したいと思います。

 その本とは、田中泰延著『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)です。

 町の本屋さんで見つけて、おもしろそうなので、手に取りました。

 今、読んでいただいているブログの文章などを書く参考になれば、と思って、読み始めたんですね。

 ところが、ただの文章術の本、っていうだけではなく、広告についても、いろいろと解説がされているんです。

 著者の方が、もともと、広告を作る仕事をされていて、キャッチコピーやコピーライティングにつても、詳しいんです。

 そこで、広告とは何か、その中で、文章はどのような役割を持っているのか、といったことを、わかりやすく解説してくれています。

 まだ、途中までしか読んでいないのですが、それでも、十分、おもしろく読んでいます。

 広告についても、わかりやすく書かれているので、広告デザインをされている方とか、グラフィック・デザインに興味がある方にも、参考になると思います。

 例えば、この本の中で、広告作りにおいて大事なのは、仮説を立てることだ、と述べられています。

 なぜ、仮説を立てることが重要なのかというと――、そこは、まあ、本書を読んでもらうことにしましょう。

 あまり、ネタバレしても、申し訳ないので。

 でも、その理由を聞いてみると、なるほどなぁ、と思います。

 もし自分が、昔、広告を作っている時に、このような視点というか、考え方があったら、もっと楽しく広告を作ることができたかなぁ、と思っています。

 ただ、読んでいて、ぼんやり思ったのは、ネット広告では、ちょっと違ったケースもあるのかな、ということです。

 私は、今、実際にネット広告を作成したり、運営したりしています。

 もちろん、ネット広告でも、仮説を立てることは重要なんですが、すぐに、検証や修正ができるので、とにかく、思いついたことを実践してみることができるんですね。

 だから、広告の運用を、高速で回転していくことができる。

 そのため、ネット広告は、どんどんと深化して、質を高めていくことができるんです。

 もう一つ、なるほどな、と思ったのは、今までは、広告を作る主役が、広告「代理」店の人達だったということ。

 つまり、自分が商品を作ったり、サービスを提供していたりするのではなく、あくまでも、クライアントの代わりに広告宣伝をしていた、ということです。

 そのための考え方や覚悟についても、きちんと触れられています。

 これも、指摘されてみればもっともで、本来なら、自分で商品を作って、自分で宣伝すれば、それでいいわけです。

 何と言っても、自分が作った商品ですから、その商品については、自分が、一番、わかっているはずです。

 しかし、その人が広告をすれば売れていくかというと、現在の世の中は、なかなか、そう簡単ではありません。

 だからこそ、広告を「代理」でやってくれる人に、おまかせするわけです。

 これも、分業の一つかもしれません。

 しかし、ネット広告の場合、自分一人でも実践できますし、いろいろな展開も可能です。

 なので、もしかしたら、これからは、自分で商品を作り、自分で宣伝をする、という本来の姿に戻ってくるかもしれません。

 このように、文章術の本ながら、広告についても、いろいろ考えさせてくれます。

 わかりやすく、おもしろい文章で書かれていますから(ここらへんが、多くの広告を作ってきた人ならではですね)、サクサクと読むことができます。

 ただ、今、読みながら漠然と思っているのは、タイトルにある「読みたいことを、書けばいい」という言葉。

 じゃあ、自分の「読みたいこと」って、なんだろうと考えてみたんですけど、

 ……

 すぐには、思い浮かばないんです。

 いやいや、これだけ、デザインに関する文章を書き続け、ブログも運営しているのに、と、思われるかもしれません。

 しかし、それが、「本当に、心の底から」、自分が「読みたいこと」なのか、というと、自信がありません。

 単に、得意だから、とか、人に喜んでもらえるから、という理由だけで、書き続けてきたのかもしれません。

 まして、自分が書いてきた文章が、自分の読みたい文章だったのかというと、そうとも言えないんじゃないか、と考えてしまいます。

 もしかしたら、自分には、そもそも、「読みたいこと」なんて、ないのかも、とも思ってしまいます。

 「読みたいこと」がない人間が、文章を書く場合は、どうすればいいのか。

 その答えが、本章の後半に出てくるかもしれません。

 もし出てこなかったら、文章を書く前に、自分の「読みたいこと」を探す方が先かもしれない、とも思ったりします。

 それが、どれだけ長く、困難だったとしても。

 その先にしか、自分の文章がないのだとしたら。

 このように、いろいろ、考えさせてくれる本です。

 気になった方は、ぜひ。

⇒田中泰延著『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)