『別冊アトリエ』を紹介する理由

私のネット古書店では、『別冊アトリエ』の技法書を、いくつもご紹介しています。

「デザイン古書専門 アルダス書店」


これは、私がデッサンやデザインの勉強をする時に、非常に役に立ったからです。

ただ、私も、リアルタイム、つまり新刊として『別冊アトリエ』と出会ったわけではありません。

古書店で、デッサンやデザインの本を探しているうちに、めぐり会ったのです。


『別冊アトリエ』をご紹介する理由は、いくつもあります。

その中で、やはり、一番の理由は、「本物の」技術が解説されているということです。


本物とは、何か、ということについて説明しましょう。

例えば、『別冊アトリエ』のデッサンの技法を解説している本では、美大でデッサンの授業や指導をしている先生が、執筆されています。

そのため、美大ではどのようなデッサン力が必要とされているのか、また、それらを身につけるには、どうしたらいいのか、ということが、よくわかります。

また、それぞれ、解説している先生によって、教え方や、その技法に、こだわりや違いがあるのも興味深いところです。


また、その当時では珍しく、写真をたくさん掲載している、という点も見逃せません。

デッサンやデザインの技法解説は、どうしても、実際の手の動きや、描かれた作品など、文字ではなく、画像でなければ伝わらない、といったものが多いのです。

そこで、『別冊アトリエ』では、技法の各工程を、写真を使って解説しているわけです。

また、それが、しっかりとポイントを押さえているため、非常にわかりやすいのです。


また、特長の一つとして、本の薄さというものがあります。

これは、それぞれのテーマごとに、一冊にまとめているため、シンプルになっている、ということです。

そのため、初心者の方にも、手にとりやすくなっています。

他のデッサン書では、本によって、何百ページにも及ぶものがあったりします。

そうなると、なかなか始めにくいですし、途中で挫折したりしてしまいます。

その点、『別冊アトリエ』では、エッセンスがまとめられていますので、わかりやすく、あっという間に、最初から最後まで、理解できるのです。


このような『別冊アトリエ』ですが、今では、あまり、こういった本は作られなくなりました。

もしかしたら、あまりにも、プロ向けの技術の解説ばかりになったため、多くの人には、受け入れがたかったのかもしれません。


それもそのはずで、『別冊アトリエ』は、本当にデッサンがうまくなりたい、本物のデザイナーになりたい、といった人向けに書かれた本なのです。

趣味や好奇心から、デッサンやデザインに興味がある、という人には、厳しすぎる内容なのです。


しかし、本気でデッサンやデザインを学ぼうとする人にとっては、とても役立つ本です。

しっかりとした技術を求めている人には、しっかりとこたえてくれる内容となっています。


本気の人だけに、お薦めするのが、『別冊アトリエ』です。