デッサンやデザインを学ぶための、正直な真実

デザインに興味があったり、デザイナーにあこがれたりする人は、よく派手な部分に注目しています。

いや、正確に言うと、派手な部分「だけ」を見ている、ということです。

きらびやかで、かっこよくて、みんなの視線を釘づけにして……

という、いわば、よく目につく部分、つまり、目につきやすい所だけを見ているんですね。


ただ、これも、正直、間違いではありません。

というか、そういう風に、デザインというものは、持っていくようにできているんです。

やはり、人の注意や興味を引いてこそのデザイン、という部分もあります。


だから、ただ単にデザインを好きだ、とか、あこがれている、という段階だったら、それでもいいわけです。

しかし、いざ、作り手側、つまり、自分がデザインをしようという段階になると、そうはいきません。


実際に、デザインをしようと思っても、最初は、なかなかうまくいきません。

また、自分の思いつきや、感性だけに頼っていても、いつかは壁にぶちあたります。

その時、デザインについて、もっと勉強しなきゃ、と思うわけです。


なぜ、そういった悩みにぶちあたるかというと、基本的な知識や技術、といったものが身についていないからです。

これは、なにも、デザインだけに限らず、他の分野の仕事でもそうです。

基本的な知識や技術があってこそ、華やかな部分が成り立っているのです。


つまり、ここで出てくるのが、デッサンであり、基礎的なデザイン技術なのです。

それらを、しっかりと身につけたうえで、はじめて、素晴らしいデザインができあがります。

(もっとも、それだけ、では、ないですが)


この事実は、デザインの輝かしい部分にあこがれている人には、受け入れがたいかもしれません。

しかし、デザインでも、地味な努力、コツコツとした積み上げ、そして、勉強と練習が必要なのです。

それと共存してこその才能であり、感性なのです。


こういった事実を早めに悟り、そして、基礎を身につけるべく、行動した人の方が、はやくデザイナーになることができます。

基礎は、多くに人にとっては退屈で、正直、面倒くさいかもしれません。

しかし、その重要性は、過去も現在も、そして、未来も変わらないでしょう。

でしたら、すぐに行動して、基礎をすばやく身につけた方がいいのです。

デザインをするおもしろさは、その先にあるのですから。