デッサン上達のコツは、制限時間を設定すること

 デッサンを上達する秘訣の一つは、たくさん、描くことです。

 そして、もう一つ、重要なことは、時間の意識を持つ、ということです。

 つまり、制限時間を設定して、デッサンを描く、ということです。

 デッサンというと、どうしても、芸術や美術のイメージが強いようです。

 満足のいくまで時間をかけ、最高のものを仕上げるまで、とことん描かなくてはいけない、と思われているようです。

 確かに、それも大切です。

 しかし、それはデッサンの「質」の問題であり、もう一つの「量」が、見過ごされていると、私は感じています。

 「量」を描くからこそ、自然と、デッサンの「質」も向上してくるのです。

 1枚のデッサンを完成させるために、何十時間も、何日も、時には、何週間もかけるより、とにかく、自分が完成と思えるところまで、描ききる。

 そして、評価し、悪い部分は、どうすれば改善するか、考える。

 そして、答えやヒントが見つかったら、次の新しいデッサンに取り組む。

 このようにして、デッサンの数を増やしていくのです。

 その時、重要なのが、時間を、常に気にかける、ということです。

 自分で、制限時間を設定し、その時間内に、とにかくデッサンを描ききるようにしてもいいでしょう。

 制限時間を設定する利点は、いろいろあります。

 まず、時間が決まっていると、集中力が増します。

 制限時間がないと、あーでもない、こーでもない、と、自分のペースで、のんびり試行錯誤して描いてしまいます。

 しかし、デッサンを描く時間を設定することで、頭の回転や、手を動かすスピードも、格段に速くなります。

 その結果として、デッサンの「量」を描くことができるのです。

 また、入試のデッサンの課題や、授業でのデッサンでも、必ず、制限時間は決まっています。

 決められた時間内に完成しないと、そもそも評価の対象になりません。

 例え、自分にとっては、短いと感じる時間でも、その制限時間の中で、自分の実力を、十分に発揮し、ベストの作品を描かないといけません。

 そのためにも、日頃から、時間を設定し、デッサンを描く練習をしておくといいでしょう。

 特に、デザインの学校の入学試験にチャレンジする人は、ぜひ、過去に出された課題問題を、決められた制限時間内に、どれくらい描くことができるか、試してみて下さい。

 あと、時間の意識を持つことは、将来、デザインの仕事をする時にも役立ちます。

 全ての仕事がそうであるように、デザインの仕事にも、締め切り、という時間設定があります。

 その決められた制限時間に、デザインを完成させないといけません。

 デザインのための創作活動は、常に時間との勝負なのです。

 したがって、デザインを学びはじめる時、つまり、デッサンを学ぶ時から時間に対する意識を持つことは、非常に大切なのです。

 今まで、なんとなく、自分のペースで、デッサンを描いてきた、という人は、ぜひ、時計を手元に置いて、完成させる目標の時間を決めてみて下さい。

 最初は、ぜんぜん間に合わず、自分が設定した時間内では、デッサンが完成しないかもしれません。

 しかし、続けていくうちに、間違いなく、手を動かすスピードは上がってきます。

 そして、気づかないうちに、デッサンの実力も上がり、「質」も向上しているでしょう。

 なぜなら、集中して描き、そして、たくさんの「量」のデッサンを描くことができるからです。

 デッサンと時間、これは、とても大切なポイントです。