デッサン上達のために、美術部に入部した思い出

 デッサン上達のために、いろいろな情報をお届けしているのですが、今回は、私の体験を、ひとつ、公開してみようと思います。

 デッサン上達というと、テクニックやノウハウは、よく披露されているのですが、もっと具体的な、体験談的なものは、あまり見かけないな、と思ったからです。

 また、私の個人的な、小さな体験でも、もしかしたら、デッサンで悩んでいる人に対して、ヒントなり、気づきなりがあれば、と思って書いてみます。

 私の場合、高校入学の時点で、将来は、デザイン関係の仕事につけたらいいな、と思っていました。

 それなら、高校受験の段階で、美術やデザイン系の高校に進めばよかったのですが、まだ、それほど、はっきりとした自信がなかったのです。

 果たして、なれるかどうかも、わからなかったですし、そもそも、自分に才能があるかどうかも、わかりませんでした。

 ただ、高校受験を通じて、自分は、勉強には向いてないなぁ、とは感じていたので、他の人と同じような進学一本でやっていく、というのは、あきらめていたように思います。

 しかし、進学したのが普通科の進学校だったので、なかなか、デザインやデッサンの勉強をするには、厳しい環境でした。

 そこで、美術部に入ってみようと思いました。

 本格的な部活に入るのは、その時が初めての経験でした。

 中学の時は、ずっと塾に行っていて、放課後は、時間がなかったんですね。

 もちろん、入部に関しては、不安もありました。

 そもそも、私は、絵が上手ではありません。

 そのため、美術部に入部しても、浮いてしまうのではないか、もしかしたら、バカにされるのではないか、と、ビクビクしていた面もあります。

 しかし、逆に、進学校であることが幸いしました。

 そもそも、部活に入る人が少ないんです。

 みんな、大学受験のために勉強が忙しく、部活に入る人は、少数派だったんですね。

 そのため、美術部も人が少なく、新入部員に対しては、とても、やさしく接してくれました。

 そこで、絵の描き方とか、デッサンのやり方も、教えてくれました。

 また、美術部内には、美術系の大学の進学を考えている人もいて、そういう人達からも、いろいろと刺激をもらいました。

 やはり、高校の中では、少数派だったため、団結力があったのでしょう。

 今から振り返ってみると、美術部に入って良かったと思う点は、具体的な方法がわかったことと、環境に恵まれたことです。

 デザイナーになるための大学があるらしいので、そこに入学したいという希望がありました。

 しかし、どのようにすればいいのか、どのような勉強をすればいいのか、わかりませんでした。

 その具体的な方法を、教えてくれたのが、美術部の先輩であり、同級生です。

 やはり、一人で、美大受験という難関に立ち向かっていくのは、厳しいです。

 力や根性のある人なら、一人でも挑戦して、乗り越えられたかもしれませんが、軟弱な私では、難しかったでしょう。

 また、同じような目標に向けて、がんばっている人が周りにいる、というのは、ものすごくモチベーションアップになります。

 なんとなく、その勢いに影響されて、自分も、がんばってしまうんですね。

 なにより、楽しかったのを、今でも、よくおぼえています。

 楽しいからこそ、がんばれるし、続けることもできます。

 その先に、美大受験の合格が、待っているわけです。

 三年間、楽しく美術部での部活ができたおかげで、幸運にも、現役で、美術系の大学に入学することができました。

 高校時代は、英語や数学ができず、普通の勉強では苦労した思い出がありますが、楽しくすごすことができたのは、美術部に入ったおかげだと思っています。

 と、いっても、全ての人に、美術部入部を進めるわけではありません。

 機会やチャンスがあれば、ということですし、そういう選択肢もある、ということです。

 一人でも、楽しく学ぶことができれば、デッサンは、上達できますよ。

⇒『デザインのためのデッサン講座(考え方・初級編)』