デザインを、本から学ぶ重要性

 デザインを学ぶ方法は、いくつもあります。

 最初に思い浮かぶのは、良いデザインを見る、ということでしょう。

 良いデザインをたくさん見て、自分の感性を研ぎ澄まし、自分も、良いデザインを生み出す。

 これが、デザインの好循環かもしれません。

 確かに、それで、良いデザインを生み出すことができれば、その方法が、最良でしょう。

 しかし、私の場合は、そう簡単ではありませんでした。

 良いデザインというものを見ても、よくわからなかったのです。

 いや、よく理解できなかった、と言った方がいいでしょう。

 確かに、良いことは、なんとなくわかるのですが、それが、なぜ、良いのか、ということが、わからなかったのです。

 しかし、他の人を見ていると、かっこいいとか、素晴らしいとか、言っています。

 そういう言葉を聞くと、やっぱり、これは、良いデザインなんだな、とは、思うわけです。

 しかし、どうも、腑に落ちないというか、納得はできなかったわけです。

 よく、デザインは、頭で考えるんじゃなくて、心で感じろ、と言われます。

 つまり、理屈や理論ではなく、感性やセンスで感じるものだ、と。

 でも、私は、それだけだと、なんだか漠然とした印象を受けました。

 それに、感じるだけだと、いざ、自分でデザインをする時に、どうしていいのか、よくわからなかったのです。

 このように感じるのは、自分が芸術方面からデザインにアプローチしたのではなく、工学方面から、デザインを学んだ、ということも、影響しているかもしれません。

 そんな風に感じていた自分にとって、デザインを学ぶための有効な手段が、本でした。

 あ、もちろん、デザインの学校での授業や実技も、おおいに勉強になりました。

 その手前の、デザインとは何か、デザインを、どのようにして作り出すか、という、もっと手前の基本的なことについて、です。

 やはり、本ですと、文章ですから、どうしても、理屈や理論が中心になります。

 そうして、デザインを文章から学ぶことで、理論立てて、理解することができました。

 確かに、中には、哲学的なものや、詩的なものもありましたが、きちんと順序立て、良いデザインの理由や根拠、といったものを説明してくれました。

 そのため、頭で考え、そして、理解することができたのです。

 そうすると、驚くことに、心でも感じることができ、感性も高まっていきました。

 今から思えば、自分は、頭という別の道を通すことで、最終的に、心でも、デザインを理解し、感じることができたのかもしれません。

 デザインを学ぶ方法の一つとして、本は、有効な手段として、おすすめです。