デザイナーも、コピーライティングに関心を持とう

 私は、広告デザインを勉強するうちに、コピーにも、興味を持ち始めました。

 その理由の一つは、尊敬する先生から、コピーライティングの重要性を教えていただいたからです。

 その方は、多くの広告を作られていましたので、広告デザインについて、たくさん教えていただきました。

 その中で、デザインのテクニックと同時に、コピーライティングの重要性についても、話されていました。

 広告において、デザインも重要であるが、それと同じくらいコピーライティングも大切だ、と言われていました。

 なんといっても、広告は、コンセプトというか、切り口が、重要です。

 そういったものは、グラフィック・デザインのようなビジュアルではなく、やはり、「言葉」で思いつき、まとめるものです。

 それが、一番よくあらわれるのが、コピーです。

 そのため、広告を理解するためには、コピーライティングから入る、というのも、有効な方法の一つなのです。

 広告デザインを担当するグラフィック・デザイナーの場合、どうしても「見た目」にとらわれがちです。

 人の目をいかに引くか、見た目が、いかにきれいになるか、という、そういった視点で、広告を制作しがちです。

 しかし、広告には、役割、というものがあります。

 単に宣伝に重きを置いた、商品を知らしめる、という広告であれば、人の注目を引けば、十分かもしれません。

 しかし、そこから、商品の購買まで結び付けたいのであれば、もっと考えなければいけません。

 それを実現するのが、コピーライティングであり、また、マーケティングなのです。

 そこから、コピーライティングに興味を持ちはじめて、少しずつ、勉強するようになりました。

 例えば、西尾忠久著『フォルクスワーゲンの広告キャンペーン』(美術出版社)からはじまり、広告制作会社のDDBにも、興味を持ちました。

 そして、ジェームス・W・ヤング著、竹内均解説、今井茂雄翻訳『アイデアのつくり方』(CCCメディアハウス)にも、影響を受けました。

 そして、コピーライティングの本や、マーケティングについても、勉強しました。

 もしかしたら、これらの分野は、純粋なデザイナーにとっては、関係ない分野かもしれません。

 しかし、私は、学ぶことがおもしろかったですし、広告に対して、より深く理解できるようになったと思います。

 なにより、広告を見たり、作ったりすることが、楽しくなりました。

 ぜひ、広告を好きになるような勉強をしてください。

 そうすることで、より良い広告デザインを作ることができるようになります。

 それが、結局は、お客さんを喜ばせ、そして、広告主にも感謝されることになるのですから。

【無料レポート】

現在、デザインを学ぶために役立つ無料レポートを、ご提供中です。

デザインの知識や技術を習得するための、もっとも基本的な考え方を紹介しています。

ぜひ、ご覧ください。

⇒ 【無料レポート】『グラフィック・デザインをマスターするための重要な3分野』