広告デザインには、マーケティングへの理解も必要です

 広告デザインをするデザイナーの場合、どうしても、ビジュアルだけに、集中してしまいがちです。

 確かに、それが仕事であり、デザイナーの役割ですから、一概に、間違いではありません。

 しかし、デザイナーでも、自分の立ち位置というか、自分の役割を、客観的に見つめることが必要です。

 「自分には、何を求められているのか?」、「全体の仕事の中で、自分の役割とは、何か?」

 こういったことを理解して、広告デザインに取り組むと、より前向きに、より積極的に仕事ができます。

 そして、なにより、全体を見まわして、その上で、広告をデザインしますから、当然、より良い広告デザインなり、ビジュアルなりが、完成するわけです。

 では、広告作成という仕事の中で、全体を見るには、どういうことをすればいいのでしょうか?

 私は、その一つとして、マーケティングを知り、理解することが、有効な手段だと思います。

 マーケティングというと、デザインとは、あまり関係がなさそうに思えるかもしれません。

 しかし、広告という仕事を理解するうえで、マーケティングに対する理解は必要です。

 マーケティングと広告は、密接に関係しているからです。

 別の言い方をすると、マーケティングの手段の一つとして存在するのが、広告だ、とも言えるでしょう。

 実は、広告を理解するうえで、もう一つ大事なものがあります。

 それは、セールスです。

 マーケティングとセールスが、かみ合ってこそ、良い広告ができ、物やサービスが売れていきます。

 おそらく、セールスについては、どのようなものか想像できるでしょう。

 一方、マーケティングの方が、馴染みがなく、気づくことも少ないと思います。

 だからこそ、デザイナーも、広告について深く知り、そして、良い広告を作ろうと思うなら、マーケティングを勉強する必要があるのです。

 広告デザインというと、どうしても、ビジュアルに注目しがちです。

 しかし、それは表面だけを見ているにすぎません。

 その裏には、マーケティングという、一つの戦略があります。

 コピーライティングと同様、デザイナーも、マーケティングについて、理解が深まると、より良い広告デザインを作ることができます。

 ぜひ、ビジュアルだけでなく、マーケティングについても、関心を持つようにしてください。