グラフィック・デザイナーのコピーライター的アイディア発想法

 グラフィック・デザイナーが、広告デザインの仕事をする場合、やはり、ビジュアルをメインに担当します。

 そのため、ビジュアル・イメージのアイディア、というものが、必要になってきます。

 なんといっても、広告デザインでは、「創造的」であることが求められます。

 つまり、人の目を引く、注目されることに重点がおかれます。

 そのために、アイディアが必要なのです。

 ただ、ちょっと気をつけないといけないのは、デザイナーの場合、ついついビジュアル的な思考法になってしまう、ということです。

 特に、グラフィック・デザイナーの場合は、それが強いといえるでしょう。

 ビジュアル的な思考法、というのは、アイディアを発想する時に、ついつい、写真や絵などの視覚的な情報であるビジュアルから考えてしまう、ということです。

 また、そこから、柔軟な発想につながればいいのですが、まだあまり熟達していないデザイナーの場合は、その考え方にこだわり、とらわれてしまいがちです。

 もちろん、ビジュアルから素晴らしい発想につながり、効果的な広告が出来上がる、ということもあります。

 しかし、私の経験や、学んできたことから考えると、ビジュアルより、言葉から発想した方が、うまくいく可能性は高いと思います。

 というのも、ビジュアル的な発想法だと、どうしても、いくつかの弱点があります。

 その一つが、焦点が絞り切れず、あいまいになり、本当に訴えたい事が、ぼやけてしまう、ということです。

 現在の広告では、焦点を絞りに絞り込み、非常に強力なメッセージを伝える必要があります。

 これは、表面的には、おだやかな広告でも、訴えたいコンセプトは、非常に明確化している、ということです。

 そのような強いメッセージを伝えるためのアイディアは、言葉から発想した方が良いのです。

 それが結果的に、論理的なアイディアとなり、理解しやすい広告となるのです。

 つまり、広告において、言葉の重要性は、ビジュアルに負けないぐらい高いのです。

 そして、広告でビジュアルを担当するのが、グラフィック・デザイナーなら、広告で言葉を担当するのは、コピーライターです。

 そのため、広告に使うアイディアを発想するには、コピーライターの考え方や、発想法というのが非常に参考になります。

 そこから発想した言葉を、グラフィック・デザイナー自身が、デザイナーの視点や思考で、ビジュアル化すればいいのです。

 おそらく、これが本来の広告制作の流れであり、もっともスムーズにいくやり方だと思います。

【無料レポート】

現在、デザインを学ぶために役立つ無料レポートを、ご提供中です。

デザインの知識や技術を習得するための、もっとも基本的な考え方を紹介しています。

ぜひ、ご覧ください。

⇒ グラフィック・デザインのレポートを、お届けします