デッサンと色彩構成を、なぜ、学ぶのか

グラフィック・デザインの基礎を学ぶために、デッサンと色彩構成は、非常に有効です。

実は、これらは、非常に密接に関係しています。

そのため、どちらか一つだけ上達すればいい、というわけではありません。

デッサンと色彩構成、この二つの技術を、上手にバランスよく、学んでいく必要があります。


では、なぜ、デッサンと色彩構成の二つを、学ぶ必要があるのか。

その点について、お話しようと思います。


確かに、「理由」を知らなくても、それらの技術を学び、マスターすることは、できます。

また、デッサンや色彩構成の学習を通して、おのずと、その理由を理解する人も多いでしょう。


しかし、私の場合、デッサンも、色彩構成も、最初は、まるでダメでした。

したがって、それらをやりながら、「なぜ、こんなことを、やらないといけなんだろう」という疑問が、常にあったのです。


もちろん、先生やデザインの参考書を通じて、その理由は知ってはいました。

でも、知ってはいても、納得はしていなかったんでしょうね。

だから、理解が浅く、上達するまでに、時間がかかったのだと思います。


もちろん、現在、デッサンや色彩構成を勉強している方は、その「勉強する理由」を、知っているかもしれません。

しかし、昔の私のように、ちゃんと納得していない人も、いるのではないでしょうか。

そういう人に向けて、私なりの「勉強する理由」というのを、ご説明したいと思いました。


もちろん、これだけが正解、というわけでもありません。

しかし、多くの考え方を知った方が、自分自身で、ピッタリと納得する理由というものが、見つかるかもしれません。


では、デッサンや色彩構成を学ぶ理由、そして、その二つの関係性について、説明していきます。


デザインを学ぶ際の初歩的なデッサンは、あくまでも、形をとらえ、陰影を学ぶ勉強です。

そのため、それらを表現する最小限の道具、例えば、黒を表現する鉛筆のみでおこないます。

逆に、この方が、形や陰影のみに表現を絞っているため、技術を表現しやすいのです。


ただ、デッサンだけだと、グラフィック・デザインにとって、必要な要素、「色」を学ぶことができません。

そのため、色彩構成を通じて、色の使い方を学び、その平面構成まで習得するのです。


もちろん、これらを同時に、つまり、一つの画用紙の上で、デッサンをし、そこに、色彩を使っていく、という学習方法もあります。

しかし、私は、形や陰影を学ぶデッサンと、色を学ぶ色彩構成を、それぞれ別に学んだ方が、やりやすいと思います。

なぜなら、それぞれを別々に学ぶ方が、目的と表現技術が明確になり、理解しやすいからです。

この二つを統合し、結び付けていくのは、それぞれの基礎をマスターした後の、応用段階でも、いいと思います。


デザインの基礎となる技術は、確かに難しい部分もあります。

しかし、学ぶべき目的と、その手段が明確になっていれば、一つずつ、順番に習得していけばいいのです。

どんなに立派なグラフィック・デザイナーでも、みなさん、同じ道を通ってきたのですから。