デッサンを始めたけれども、挫折しそうな人へ

 デザインを学ぶためには、デッサンの習得が、どうしても必要です。

 物を見る目を鍛え、表現力を身につけるために、デッサンの技術は、非常に役に立つからです。

 しかし、デッサンは、なかなか難しい、という面もあります。

 始めてみたけど、なかなか、思ったように描くことができない。

 デッサンの見本を見て、描いてみたけど、上達しない。

 やっぱり、絵を上手に描くには、才能が必要なんじゃないか……

 そう思って、デッサンが苦手になり、やがて、嫌になってやめてしまう。

 そうして、興味があったデザインの勉強も、あきらめてしまう。

 そのような人が、けっこう多いのではないでしょうか。

 正直、私も、幼い頃から、絵を上手に描くことは苦手でした。

 それでも、マンガやアニメは好きでしたから、下手は下手なりに、絵を描くことは楽しんでいました。

 だからこそ、うまくなりたいな、とは感じていました。

 そうして、デザインに興味を持ち、デッサンをはじめました。

 しかし、最初の頃は、なかなか上達しませんでした。

 どのように描けばいいのか、わかりませんし、実際に手を動かしてみても、なかなか思った通りには、描くことができませんでした。

 しかし、そこであきらめてしまうと、夢をかなえることができません。

 デザインが好きで、デザインの仕事につきたいと思っていた私は、なんとか、デッサンが上達できないものか、と、いろいろ調べ始めました。

 その結果として、なんとかデッサンの技術が向上し、無事、デザインの学校へも入学することができました。

 そして、実際に、デザインの仕事につくことができたのです。

 その経験があるからこそ、デッサンがなかなか上達せず、あきらめかけている人の悩みが、よくわかります。

 私も、絶望の、一歩手前までいきましたから。

 私の経験や勉強の結果から言えることは、まず、デッサンの考え方そのものを理解することが重要だ、ということです。

 そもそも、なぜ、デザインを勉強するために、デッサンが必要なのか?

 求められているデッサン技術とは、どのようなものなのか?

 そういった部分は、デッサンの技術書では、なかなか解説してくれません。

 しかし、動機がかたまっていない段階では、なかなかテクニックは身につきません。

 そのため、デッサンにおける基礎的な考え方や、そもそも、デッサンとはどういうものか、といったことを理解しておく必要があります。

 そして、順番が大事です。

 デッサンは、闇雲に手を動かせば描ける、というものではありません。

 しっかりと物を見て、必要な部分を観察する。

 それをどのような順番で描いていけば、効率的に、そして、美しくデッサンができるか、という流れを知ることが大切です。

 デッサンは全体的なレイアウトを決め、形をとらえ、そして、影を少しずつ描いていく、というステップを、確実にこなしていく必要があります。

 見ただけでは、デッサンは描けませんし、テクニックも身につきません。

 それを支える考え方や、理屈が大事なのです。

 いったん、そのような理屈を、頭の中にインプットしておけば、デッサンのモチーフを見る目も変わります。

 そして、どのような順番で、どのように手を動かせばいいのか、ということもわかってきます。

 そうなると、自然と、少しずつでも、デッサンがうまくなり、上達するのです。

 そのためのレポートを、まとめてみました。

 よろしければ、ぜひ、読んでみて下さい。

『デザインのためのデッサン講座(考え方・初級編)』