デッサンでは、自分に必要な技術を、優先的に学ぼう

 デッサンを学ぶ際に重要なのは、具体的な目標設定です。

 「デッサンがうまくなりたい」、「絵が上手になりたい」というだけでは、漠然としています。

 確かに、それも立派な理由ですが、もう少し具体的に、そして、明確なゴールというものを設定した方がいいでしょう。

 私の場合、デッサンが上手になるための理由というのは、決まっていました。

 それは、デザインの勉強のため、です。

 デザインの仕事をしたいな、という思いから、デザイナーを目指していました。

 しかし、どうやったらデザイナーになれるのか、わかりません。

 そこで調べてみると、デザインを学ぶ学校があるということを知りました。

 そこでデザインを学べば、デザインについても詳しくなるし、デザイナーにもなれるのでは、と思いました。

 次に、では、どうやったら、デザインの学校に入学できるか、調べました。

 それには、入学試験に合格しなくてはいけません。

 その入学試験には、学科と実技がありました。

 学科の試験は、高校の試験の延長のようだったので、日頃の勉強をがんばるしかありません。

 しかし、実技には、デッサンや色彩構成などがありました。

 いろいろ調べてみると、どうやらデッサンは、どこのデザイン学校でも、入試科目として必要のようでした。

 そこで、デッサンを学ぼう、上達しよう、ということになったのです。

 つまり、私の場合、絵を描くことがうまくなる、というような遠い目標というより、デザイン学校入学のため、という非常に身近で、具体的な目標がありました。

 やはり、目標達成のためには、目標自体を具体的にすることが大切です。

 問題を明確にすればするほど、答えを導き出しやすくなります。

 デッサンを学ぼうという人の場合、目標がぼんやりしているというか、大きすぎる人が多いように思います。

 もちろん、そういう人がいてもいいのです。

 しかし、もし、私のようにデザインの勉強がしたいために、デッサンを学んでいる人がいたら、目標をしっかりと定めた方がいいでしょう。

 そうすることで、ぐっと目標達成が、はやくなります。

 その後、大事なのは、やはり考え方です。

 漠然とデッサンを学ぶ場合、何が大事で、どのように学んでいけばいいか、といったことがよくわかりません。

 しかし、デザインのためのデッサン、という目的が決まれば、必要な考え方や、学ぶべきポイントが、明確になってきます。

 私もデザインを学びたいために、デッサン技術を磨いてきました。

 そのため、デザインのためのデッサンについて書かれた本を、何冊も読んできました。

 また、その結果として、デザインの学校に入学でき、デザインの仕事にもつくことができました。

 その経験を踏まえて、デザインのためのデッサンを学ぶコツを、まとめてみました。

 これらのコツを知ることで、何が大事で、どのように考えれば、デッサンが上達できるか、理解できるようになっています。

 ぜひ、ご覧下さい。

『デザインのためのデッサン講座(考え方・初級編)』