レイアウトのテンプレートを使う最大の理由

 グラフィック・デザインにおいて、レイアウトは、重要です。

 基礎デザインである、デッサンや、色彩構成では、基本的なレイアウト技術を使います。

 編集デザインでは、タイポグラフィと並ぶくらい、レイアウトは大切です。

 また、広告デザインでは、レイアウトによって、与えるイメージや、インパクトは、大きく変わってきます。

 しかし、レイアウトについて、少し学ぶと、ある程度の規則性や法則といったものが、わかってきます。

 それは、パターン、と呼べるかもしれません。

 もともと、グラフィック・デザインは、2次元であり、同じような誌面サイズの中で、デザインをおこないます。

 そのため、レイアウトといっても、ある程度のパターンというものが、できるのです。

 それを応用したものが、テンプレートと言えるでしょう。

 例えば、こういうものです。

⇒ デザインの秘訣を多数収録『ノンデザイナーズ・デザインブック』

 このようなテンプレートをうまく利用することで、デザイン性の高い成果物を、効率よく制作することができます。

 あまり制作時間を取ることができなかったり、何種類ものデザインを作らないといけない時など、非常に助かります。

 しかし、個人的に、テンプレートを使う一番の効用は、すぐに、作業にとりかかることができる、ということです。

 もしくは、すぐに、やろうという、前向きな気持ちになり、作業をはじめられることです。

 正直、まったく何もない状態で、始めよう、動き出そう、というのは、とても、たいへんです。

 どこから手を付けていいかも、わかりません。

 また、結果的に、どういう完成品ができるのかも、わかりません。

 具体的なイメージがわかないので、デザインをはじめようにも、一歩を踏み出す勇気が出てきません。

 そうしているうちに、時間がたち、締め切り間際に、時間に追われ、苦し紛れに、中途半端なデザインを作ってしまうのです。

 そのようなデザインが、他の人から、高い評価を得られるわけがありません。

 「すぐに、はじめよ」というのは、デザインに限らず、全ての仕事に共通します。

 そういった行動を、おこしやすくしてくれる最良のツールが、テンプレートなのです。

 ぜひ、テンプレートを使いこなし(決して、テンプレートに「使われる」ことなく)、素晴らしいデザインを生み出してください。