グラフィック・デザインの重要分野は、編集デザイン

グラフィック・デザインにおいて、編集デザインは、重要です。

グラフィック・デザインの基礎技術がつまっていると同時に、私は、とても魅力的な分野だと思います。

今回は、その編集デザインを、ご紹介します。


私は、グラフィック・デザインを、大きく3つの分野にわけて、とらえています。

●基礎デザイン

●編集デザイン

●広告デザイン

この3つです。


その中のひとつ、編集デザインとは、主に、書籍や雑誌などを対象としたデザインです。

エディトリアル・デザインとも言います。


例えば、本の表紙や本文の組み方、または、雑誌の見出しの見せ方や、レイアウトなどをデザインする仕事です。

書籍や雑誌は、文字や写真、図などを使って作ります。

ですから、それらを担当するグラフィック・デザイナーの責任は重いわけです。


そして、この編集デザインには、グラフィック・デザインの技術が、たくさん使われています。

もともと、グラフィック・デザインの起源の一つが、編集デザインということもあります。

そのため、人によっては、グラフィック・デザイン=編集デザインと考えているかもしれません。


したがって、ある程度、基礎デザインを学び、その技術を習得していないと、編集デザインをうまくできません。

だから、編集デザインにとりかかるには、やはり、基礎デザインをしっかりと身につける必要があります。

これは何も、編集デザインに限ったことではなく、プロダクト・デザインやインテリア・デザインでも、一緒です。


また、広告デザインは、編集デザインのテクニックをもとに、そこへ、さらに、コピーライティングやマーケティングなどの要素を上乗せします。

したがって、広告デザインをするにも、編集デザインの考え方や技術は、ものすごく
役立ちます。


つまり、編集デザインは、基礎デザインの応用であり、広告デザインの基礎なのです。

だからこそ、グラフィック・デザインの中でも、重要な分野なのです。


逆に、編集デザインの知識や技術を学べば、それは、基礎デザインで学んだことを十分に活かすことができます。

そして、広告デザインにおいても、活躍するための基本を、身につけることができます。

したがって、グラフィック・デザインの学習をするなら、編集デザインは、最適な分野なのです。


ぜひ、グラフィック・デザインに関心がある方は、編集デザインを学んでみてください。