Webデザインを支える、三つのデザイン分野

現在、グラフィック・デザインの分野では、Webデザインが大きな成長をみせています。

これもやはり、時代、というか、技術と普及の時に、我々は、ちょうど、立ち会っているということでしょう。


それを否定するにしろ、受け入れるにしろ、やはり、無視はできないと思います。

また、特に問題意識もなく、Webデザインやデジタル技術を使ったデザインを受け入れている方も、いらっしゃるかもしれません。

そういった、いろいろな方々を含めて、やはり、現在では、Webデザインは、気になる存在なのではないでしょうか。


Webデザインを知り、活用していくにあたって、いろいろとアプローチ方法はあると思います。

その選択肢の一つとして、私は保守的な方法といいますか、過去の技術をもとにした、アナログ的なアプローチ方法を、お薦めしたいと思います。


私は、デザインを3つの分野にわけて、ご説明してきました。

この、それぞれの3つの分野から、Webデザインへアプローチしていく、という方法は、いかがでしょうか。


例えば、基礎デザイン。

基礎デザインの場合は、Webデザインに限らず、全てのデザイン分野を理解するための基本知識になります。

その中でも、Webデザインと基礎デザインの関係で一番大事なことは、本質を知る、ということです。

Webデザインの場合、技法的な部分にばかり目がいってしまいがちです。

アプリケーションやプラグインなどのツールを使えば、それなりのことが、すぐにできてしまうからです。

しかし、なぜそれが必要か、なぜこの手法を使う必要があるのか、といった重要な部分を理解していないと、表面的な装飾に終わってしまいます。

そうならないためにも、基礎デザインを通して、グラフィック・デザインの本質を理解する必要があります。

そして、それがWebを通してのコミュニケーションの本質となります。


また、編集デザインは、Webデザインをおこなううえで、基本的な技術となります。

文字やレイアウトについてのデザイン技術は、もちろん、Webデザインでも、おおいに役立ちます。

それを踏まえて、Webならではの手法を駆使していく必要があります。


さらに、広告デザインを通じて、人を引き付け、興味をもたせる方法を学ぶことができます。

マスメディアを通してのデザインとは違い、Webでは、それにあったコミュニケーションが求められます。

そういう時代にあっても、今までの広告を作成する技術は、活かせます。

それらをWebデザインに取り込むことによって、さらに多くの人に訴えることができ、効果的なデザインになります。


Webデザインというと、ついつい、ソフトの使い方とか、プログラムなどの話題に目がいってしまいます。

しかし、デザインの分野の一つ、また、これまでのデザインの枝葉の一つ、として考えることもできます。


そうすることで、今までのデザインの知識や技法が、十分に役立ち、通用することがわかってきます。

だからこそ、今までのデザインを学ぶ必要があり、それはとても有益なことなのです。