ビジュアル・アイディアを、いかにして生み出すか?

 広告デザインを制作する場合、大事なことは、いかにビジュアル・アイディアを考えるか、です。

 つまり、広告デザインのメインとなるビジュアルを、どのようなものにするか、それを考えることが大切です。

 このメイン・ビジュアルが、うまくいくと、多くの人が振り向いてくれます。

 そして、その広告に関心を持ってくれます。

 広告の最初は、まずは見てもらうことから始まります。

 これは、広告制作で、よく言われる3つの壁から考えてみることもできます。

 3つの壁とは、「見ない」、「信用しない」、「行動しない」というものです。

 つまり、お客さんは、広告を見ないし、見ても信用しないし、商品を買うという行動にもでない、というものです。

 広告は、このようなお客さんの心の壁を崩し、商品購入まで導かないといけません。

 この3つの壁の中でも、最初の「見ない」という壁が、とても難しいのです。

 なんといっても、見てもらわない限り、信用させることもできませんし、買ってもらうこともできません。

 しかし、この最初の壁である「見ない」に対して有効なのが、ビジュアル・アイディアです。

 人の目を引き付け、思わず立ち止まるようなメイン・ビジュアルがあれば、広告を見てくれます。

 そうすることで、ヘッドコピーやボディコピーを読んでくれます。

 その結果として、信用を獲得することもできますし、購入へと導くこともできます。

 だから、なんといっても、最初に、広告に関心を示してもらわないといけません。

 そのために、メイン・ビジュアルが必要であり、それを生み出すためのビジュアル・アイディアなのです。

 しかし、そうは言っても、どのようなビジュアルがいいのか、なかなか、わからないと思います。

 ただ漠然とアイディアを生み出せ、と言われても、なかなか難しいのです。

 だから、インパクトがあまりないメイン・ビジュアルが作られ、お客さんに見向きもされない広告が、たくさん作られるのです。

 では、どのようにすれば、お客さんの目にとまるビジュアルを、作り出すことができるのでしょうか?

 ビジュアル・アイディアを考える際のポイントの一つは、まずは、「新規性」であり、「独自性」です。

 「新規性」とは、今までにない新しいもの、という意味です。

 人間は、とにかく新しいものが大好きです。

 今までとは違ったものがあると、それだけで関心をしめします。

 これは逆に考えるとよくわかります。

 これまで見たことがあり、ありふれた広告ばかりですと、やはり、見る人はいないと思います。

 今までに見たことがないからこそ、好奇心を刺激され、注目するわけです。

 これを別の視点から言うと「独自性」ということもできます。

 つまり、他のどんな広告とも違った、オリジナリティあふれるビジュアルであれば、当然、他の広告と区別され、視線を引き付けるわけです。

 これも、逆から考えると、他と同じ広告であれば、埋もれてしまいますし、他の広告と一緒になってしまいます。

 そうなると、その広告を選ぶ理由がなくなるわけです。

 その他にも、ビジュアル・アイディアを生み出すためのポイントは、いくつもあります。

 例えば、お得感を出したり、緊急性や危機感をあおったり、問題提起をしてみたり、などです。

 これらは、どれも、コピーライティングや広告のコンセプトと密接に関係してきます。

 そのため、ビジュアル・アイディアを考える時には、単にビジュアルだけを特別に考える必要もありません。

 その広告のコンセプトやターゲット、そして、コピーライティングとともに考えると、わりとビジュアル・アイディアも出やすいと思います。

 ぜひ、斬新で、新鮮味のあふれる広告を作ってください。