広告デザインでは、ビジュアル・アイディアが大切です

 広告デザインを考える際に、何と言っても重要なのが、ビジュアル・アイディアです。

 ビジュアル・アイディアとは、どういったビジュアルを広告に掲載するか、ということです。

 例えば、きれいな女の人の写真で注目を集める、ということもできます。

 また、有名人の写真などでも、みんなの関心を集めるでしょう。

 もしくは、イラストや、美しい風景写真でもいいでしょう。

 こういうふうに、人の注意・関心を引き付けるものを掲載すると、広告に対する注目度も増します。

 しかし、これらの方法では、現代では、なかなか注目を集めることができません。

 なんといっても、これだけ、多くの広告があふれているので、正攻法だけでは、みんな、広告を見てはくれないのです。

 そこで、ちょっと奇抜で風変わりなビジュアルをのせて、興味をひこうとします。

 この時、どういうふうにひねって、見る人の注意を引き付けるのか。

 これを考え、そして、答えを導き出すのが、ビジュアル・アイディアです。

 これをデザイナーが考えることもありますし、アートディレクターが考えることもあります。

 最近では、コピーライターやアートディレクターの考えを、きれいにまとめて表現するのが、グラフィック・デザイナーの役目となっているようです。

 このような広告制作の流れや、ビジュアル・アイディアの出し方、といったものは、デザインの勉強だけをしていたのでは、なかなか出てきません。

 もちろん、デザイナーですから、美しさについての感性はあります。

 そのため、最初に紹介したような美しい写真などのビジュアルについては、選んだり、構成したりできます。

 しかし、すでに述べたとおり、ただ単に「美しい」だけでは、多くの人は、広告に対して、振り向いてくれないのです。

 やはり、広告は、お客さんとなる人に、見てもらわないといけません。

 よく広告では、三つの壁、といわれるものがあります。

 お客さんが、広告に対して持っている心の壁です。

 これらをこえていかないと、商品やサービスを買ってもらうことができません。

 その三つの壁が、「見ない」、「信用しない」、そして、「行動しない」です。

 まず、これだけ、たくさん広告があふれていますから、そもそも、見てもらえません。

 そして、広告を見ても、多くの人は、そこに書かれてあることを、信用しません。

 そして、広告を見て、信用したとしても、購入という、最後の行動にまで踏み出す人は、本当に、ごくごくわずかなのです。

 この中でも、やはり、広告を見てもらう、注目してもらう、というのが、とても大切であり、重要です。

 なにしろ、見てもらい、その存在を知ってもらわないと、信用してもらう、買ってもらう、という次のステップに、進みようがないからです。

 だからこそ、お客さんの注目を集めるようなビジュアルが広告に必要であり、そのためのビジュアル・アイディアなのです。

 このような思考の流れは、デザインだけを学んでいては、なかなか身につきません。

 私も、デザインだけを学んで、広告を作っていた時は、単に「きれいな」広告を作ろうと思っていました。

 しかし、広告やセールス、そして、マーケティングなどを学ぶことで、広告にとって必要なことがわかるようになりました。

 そうすることで、良い広告デザインとは何か、ということが理解でき、さらに良い広告デザインを作ることができるようになったのです。

 ぜひ、デザインと広告を、バランスよく学び、良い広告デザインを作っていきましょう。