グラフィック・デザインは、まだまだ、おもしろくなる

 私の場合、デザインとはいっても、グラフィック・デザインが、専門でした。

 若い頃から、マンガやアニメ、そして、雑誌を見るのが好きだったので、自然と、そちらの道を選びました。

 ただ、正直、消去法というか、消極的な理由もあります。

 デザインと言うと、やはり多くの方が、ポスターや雑誌などのグラフィック・デザインを思い浮かべるかもしれません。

 しかし、デザインの分野は、幅広く、例えば、自動車や産業製品をデザインするプロダクト・デザインもあります。

 これは、昔は、インダストリアル・デザインとも言ってましたね。

 あと、インテリア・デザインも、デザイン分野の中では、大きな領域をしめます。

 つまり、デザインと一言でいっても、さまざまな分野があります。

 単にデザイナーになりたい、と思っている人は、もう一歩進んで、どのデザイン領域で働きたいか、活躍したいか、というのを、明確にするといいでしょう。

 そうすることで、何が必要か、何を学ばなければいけないのか、と言うことがわかってきます。

 ただ、ある程度、デザインを学び、体験してくると、すべてのデザインの領域は、つながっている、ということが実感できます。

 全ての学びが、自分のデザインに、役立ってくるんですね。

 それを実感するためにも、自分の専門分野、というものを、ある程度、極める必要があります。

 しかし、どのデザイン領域を専門にすればいいのか、なかなか決められず、迷う人も、いるかもしれません。

 そういう人は、ぜひ若いうちに、いろいろなデザインを学び、体験して欲しいです。

 そうすることで、自分の好きな、やっていてワクワクするデザインが、見つかることでしょう。

 もし、迷っている人がいるなら、私としては、やはり、グラフィック・デザインを、おすすめしたいですね。

 今は、デジタル技術の発達や、ウェッブの普及で、史上最大規模で、グラフィック・デザインの活躍の場は、広がっています。

 少し前(もしかしたら、ずいぶん昔、と言った方がいいのかもしれませんが)、グラフィック・デザインをするのでしたら、印刷に関する知識が、必要不可欠でした。

 グラフィック・デザインを表現する手段が、主に、印刷だったからですね。

 その後、テレビ放送などがあり、映像も出てきましたが、やはり、中心は、印刷でした。

 しかし、今では、もう、印刷からウェッブへ、移り変わっています。

 おそらく、印刷にたずさわっているグラフィック・デザイナーより、ウェッブ関係の仕事をしているデザイナーの方が、多いでしょう。

 もしかしたら、印刷物を、一度も作ったことがない人も、いることでしょう。

 そして、この流れは、もっともっと進んでいきます。

 そして、さらに、おもしろい事には、まだウェッブ時代のグラフィック・デザインの方法論というのが、確立していないことです。

 これは、この先、今、第一線で活躍している人たちが、自分たちで、作っていくことができる、ということです。

 かつて、印刷技術でグラフィック・デザインをしていた頃は、しっかりとした方法論というものがありました。

 タイポグラフィであり、レイアウト技術なり、そこに規則性があり、それにのっとったデザインをしていました。

 しかし、デジタルやウェッブでは、まだ、しっかりとしたデザイン手法というものは、出来上がっていません。

 それを今から、作り出すことができるのです。

 これは、いわば、新しいグラフィック・デザインを、作り出すことができる、ということです。

 どうでしょうか? ワクワクしてきませんか?

 確かに、簡単にはいかないかもしれませんが、やはり、やるべき価値はある仕事です。

 そのお役に立てるように、過去のグラフィック・デザインの知識を、もっともっと、ご提供していきますよ。